岡村胃腸クリニック

岡村胃腸クリニックは、胃・大腸内視鏡検査の専門的な消化器クリニックとして皆様に高度な消化器医療をご提供致します。


クリニックガイド

クリニックのご案内 群馬県高崎市東町28-1 電話027-310-1211

順天堂大学医学部付属 順天堂医院

 


 


大腸がんについて教えてください
近年、大腸がんが増えてきています。
大腸がんは、胃がんなどに比べて自覚症状がでにくいことから、検査をしないと進行した状態で発見されることが珍しくありません。
腹痛、下痢、便秘、血便等の症状のある方は大腸の検査を受けることをお勧めします。しかし、大腸がんは決して危険ながんではありません。早期で見つかれば、内視鏡で治療することも可能です。また、内視鏡時に発見される大腸腺腫といわれるポリープは、放置するとがん化する可能性が高いので、内視鏡的に切除することをお勧めいたします。

大腸がんの便潜血検査について教えてください
現在、大腸がんのスクリーニング検査として免疫的便潜血検査が広く普及しております。便を検査に出して潜血が認められれば精密検査を行うものです。一般的にこの検査が陽性でも大腸がんの存在する可能性は4%前後ですので、あまり心配なさらないでください。
しかし、ポリープや他の病気等の可能性はありますので、必ず大腸内視鏡検査を受けることはお勧めいたしします。

大腸ポリープについて教えてください。
大腸のポリープは大きく分けて2種類あります。
一つは腺腫という腫瘍性のポリープです。
これは、良性ですが、放置すると、その一部ががん化する可能性があるため、基本的には内視鏡下に切除いたします。一般的には、5mm以上のもので、切除の対象になります。しかし、陷凹したポリープは、小さくてもがんであることがあるため、注意が必要です。
もう一つは過形成性ポリープという非腫瘍性のポリープです。これは、ほとんどがん化しないため切除の対象にはなりません。
当クリニックではハイビジョン対応の高画質スコープとNBIシステムを使って切除が必要なポリープ(腫瘍性ポリープ)かどうか診断し、必要な場合はその場で切除いたします。

大腸がんの内視鏡治療について教えてください。
大腸がんであっても、腸の壁の粘膜下層という層の上1/3位までの浸潤にとどまるものであれば、内視鏡で切除可能です。つまり、がんであっても早期であれば、転移がほとんどないため、4〜5cmのものでも、内視鏡での切除が可能です。

大腸内視鏡検査はいくらかかりますか?
大腸内視鏡検査は、保険診療3割負担の方で観察のみの場合約5,000円、組織検査を行った場合約1万円、 ポリープを切除した場合は約2万円の自己負担金がかかります。

内視鏡の消毒はどうしているのですか?

当クリニックでは、内視鏡は患者様ごとに1本ずつ消毒しています。
消毒は日本消化器内視鏡学会のガイドラインに基づいて行っておりますのでご安心ください。

大腸内視鏡は痛くて苦しいと聞きましたがどうですか?
内視鏡で腸が伸びたり、空気が入りすぎると痛みが起こります。
当クリニックでは内視鏡の先端に透明フードを装着することにより空気の注入量を極端に少なくして腸を伸ばさずに内視鏡を挿入します。
さらに、検査が楽に受けられるように軽い鎮痛剤を使用して検査を行いますので、安心して検査をお受けください。

ピロリ菌とはどのようなものですか?

胃の中に住みついている細菌で、以前は40歳以上の日本人では70%〜80%の感染率と言われていましたが、最近は50%位と徐々に感染率は低下してきています。
ピロリ菌が産生するアンモニアやたんぱく質により胃の粘膜を傷害し、長期的には慢性胃炎を引き起こし、胃潰瘍や胃がんになりやすくなると考えられています。統計的には胃がん患者の99.5%はピロリ菌が関与していると言われています。
ピロリ菌感染の方はピロリ菌の除菌をお勧めいたします。

2013年2月より潰瘍のない方でもピロリ菌の除菌が保険適応になりました。
除菌の方法は、抗潰瘍薬と2種類の抗生物質を1週間飲んでいただきます。成功率は色々な報告がありますが、初回除菌で約70%位です。除菌できたかどうかの判定は6〜8週間後に行います。
初回の除菌治療がうまくいかなかった場合は抗生物質の種類を変えて、再除菌という方法が保険適応になっています。再除菌の成功率は約95%位です。


最近胸焼けがひどいのですが?

胃液には胃酸が含まれておりそのpH は1.0〜1.5と非常に強い酸性を示します。
食道の中はpH7.0と中性に保たれていますが、胃とは違って胃酸を防御する構造・働きがないため胃酸が逆流すると炎症が起きやすくなります。
食道と胃の間には逆流防止機能があり普段は逆流を防いでいるのですが、脂肪分の多い食事、高齢、肥満や妊娠などで食道の入り口がゆるくなり逆流しやすくなります。
逆流性食道炎の診断には内視鏡検査が欠かせません。
治療としては酸の分泌を抑える薬、、酸を中和する薬、胃の排出能を高める薬などを症状により内服します。







copyright okamura-ichoclinic
お問い合わせ